追跡調査の結果によると

ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、手や脚が何も感じなくなったり下肢の浮腫みなどが代表的で、症状が進んでしまうと、深刻な場合、心不全などを誘発する可能性があるとのことです。

常在細菌であるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、毒素の強大な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒力が軽微なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つに分けられるのです。

UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという特徴があるためオゾン層を通る際に一部が吸収されるのですが、地表まで達したUV-B波は肌の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊してしまうなど、皮膚にとって悪い影響を与えることが明らかになっています。

ダイエットしたいがために摂取カロリーの総量を控える、食事を抜く、というような生活を続けるとひいては栄養までもを不足させ、慢性的な酷い冷え性をもたらしていることは、多くの医療関係者が危惧されていることです。

耳鳴りの種類には本人だけに聞こえるタイプの「自覚的耳鳴り」と、血流のように当事者以外の人にも品質の高いマイクロホンを利用すると聞くことができるという「他覚的耳鳴り」があるそうです。

体を維持するのに必要なエネルギーの源として速攻で使われる糖、新陳代謝に欠かせないタンパク質など、度の過ぎたダイエットではこんな体をキープするために絶対欠かせない要素までもを欠乏させてしまっている。

植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつであるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている揮発性の物質が、肝臓が持つ解毒酵素の機能的な生成活動をサポートしているという新たな事実が判明してきました。

30才から39才までの間に更年期がやってくるとすれば、医学的な用語では「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という疾患に当てはまります(日本においては40才以下の女性が閉経することを「早発閉経(そうはつへいけい)」と呼ぶのです)。

BMI(体重指数を求める式はどの国にも共通していますが、BMI値の位置づけは国によってそれぞれ少しずつ違っていて、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI値22を標準体重とし、25以上の場合だと肥満、18.5未満であれば低体重と決めています。

「とにかく忙しい」「無駄な色々な人間関係がとても嫌だ」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションのめざましい高度化になかなか追いつけない」など、ストレスを受けやすい因子はみんな異なります。

栄養バランスの取れた食生活や運動は勿論、健康増進やビューティーアップを目的とし、特に摂りたい栄養を補うために色々な成分のサプリメントを摂取する行為がおかしくなくなってきていると言われています。

バイク事故や山での転落事故など、大きな力がかかった場合は、複数の個所に骨折が生じたり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、酷くなると臓器が負傷することも考えられます。

学校など大規模な集団生活をする際に、花粉症の症状の為にクラスの友達と同じようにしてエネルギッシュに走り回ることができないのは、患者本人にとっても辛い事でしょう。

季節性インフルエンザのワクチンでは、今日までの膨大な研究結果により、注射の予防効果を予想できるのは、ワクチン接種を受けた14日後くらいから約5カ月間ほどということが明らかになりました。

チェルノブイリ原子力発電所の事故の被害者の追跡調査のデータをみると、大人に比べると体の小さい子供のほうが飛散した放射能の被害を一段と受けやすいことを痛感します。

ただの捻挫と自己判断してしまい、冷湿布を貼って包帯やテーピングなどで一応患部を固定し、様子を窺うのではなく、応急処置してから少しでも早く整形外科を受診することが、根治への近道に繋がるのです。

環状紅斑は環状、要は円い形をした紅っぽい湿疹や鱗屑など、皮ふ病の総合的な名前であり、その病因はまったくもって多種多彩だといえるでしょう。

BMIを計算する式はどこの国も共通ですが、数値の位置づけは国ごとにそれぞれ異なり、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY(JASSO)ではBMI値22を標準体重とし、25以上の場合は肥満、18.5未満であれば低体重としているのです。

肝臓を健康に保つには、肝臓の解毒作用が低下しないようにする、とどのつまり、肝臓を老化させない対処法を実行することが重要だと言われています。

「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多く付着した脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化や糖尿病を筆頭に非常に多くの病を誘発する可能性が高いと考えられています。

急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番代表的な中耳炎で比較的子供に多く起こる病気です。強烈な耳痛や38℃台の発熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、耳漏(耳垂れ)などのありとあらゆる症状が発生します。

ポリフェノールで最も有名な長所は水溶性であるビタミンCやV.E.などとは違って、細胞間の水溶性部分に脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を予防する効果があるそうです。

H17年2月より新たにトクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)の外観に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というようなコピーの表示が義務化した。

HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを保有する血液や精液の他、唾液、母乳、腟分泌液等のあらゆる体液が、看病する人などの傷口や粘膜等に接触すれば、感染の危険性があるのです。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康体にも症状が現れることがあるので急を要する心臓の病気とは限らないのですが、発作が数回に渡って再三起きるケースは危ない状態です。

自分で外から眺めただけでは折ったかどうか判別できない場合は、ケガをしてしまった地点の骨を優しく指でプッシュしてみて、もしその部分に激しい痛みがあれば骨折かもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。

20歳代、30歳代で更年期が来たとすれば、医学的に表すと「早発閉経(そうはつへいけい)」という病気にあてはまります(日本においては40才以下の女の人が閉経してしまう症状を「早期閉経」と呼んでいます)。

通常の場合骨折はしない位のごく小さな圧力でも、骨の一つのエリアだけに何度も繰り返して続けて力が加わってしまうことで、骨折に至ってしまう事もあり得るようです。

薬や酒に含まれるアルコール、化学調味料を始めとした食品への添加物等を酵素によって分解し、無毒化する働きを解毒(げどく)と呼び、肝臓の大事な職務の一つと言えるでしょう。

チェルノブイリ原発の事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果によると、大人に比べて体の小さい未成年のほうが分散した放射能の有害な影響をより受けやすいことが分かるのです。

もっと詳しく⇒靴リネットが悪評を感じたい